日本山岳耐久レース「長谷川恒男CUP」
 10月11〜12日
 ドンちゃん・かいちゃん見事完走 かいちゃん年代1位
ドンちゃんとかいちゃんの【はっぴーBBS】への書き込みより

++ ドンちゃん     2009/10/13 09:43:05(火)
お陰さまで、今年の大目標の一つ、ハセツネ完走がなんとか出来ました。
 ※あ、ハセツネ参加者は1727人だった様です。

夜になって、そうだ今日は皆、米ちゃんのお祝いなんぁよなぁ、何でこんな真っ暗闇の中奥多摩の山の中走ってるんだろう。エイドは42kmの所一箇所だけに水とポカリしか無いし、15000円もするのにおもてなしの心に欠けて無いか、とかブツブツブツブツ。。 いやいや、フォームに気を着けて、走りに集中集中とずっと心の中で呟いていました。

途中、最初の20kmの地点で早くも太腿前が攣って上り坂で膝上を手押ししながらマッサージしつつ進み、35km地点ぐらいでハムストリングスが攣り出して両手にストックをもって腕力でアシストしながら騙し騙しゆっくりペースで進み、45km?地点ぐらいで全身快調となって両手にハンドライトでペースアップして最後の10kmの下りを普段の感じで走ったら、残り2kmで少しばてましたが、笑顔でゴール出来ました。


ただ、この大会は我慢大会というか結構拷問だなぁと思えたので、よっぽどトレイル好きの方以外にはお勧め出来ません。岩場、ガレ場、急斜面が途中沢山有るので、集中が途切れると容易に負傷します。途中40km地点ぐらいから、上り坂の道の脇には、座り込んだり、うずくまったり、横たわって寝てたり、体力切れ・痙攣などで動けなくなった選手が所々にいました。打ち身、捻挫、切り傷、肉離れなど怪我しなくて良かったです。ただ、なんとかゴールには辿り着けたので、全身筋肉痛ですが、気持ちの良い余韻です。


 ■-宇宙から見たら天の川   ++ かいちゃん  .2009/10/15 11:14:50(木)
どんちゃん、探したけど、会えなくて、残念でした。待ち合わせ場所決めておけばよかったって、反省してました。あのなかで会うのは難しかったね。私も、なんとか、ゴールしました。夜になって、急な登りが続いて、私も同じように、辛くて、何でこんなことしてるんだろうって思った。回りを見るとみんな苦しそうで、なんか、囚人の行軍みたいだって。その時、夜空を見上げたら、星が瞬いていて、あそこから、こっち見たら、2千個のライトが天の川みたいに動いて見えるんじゃないかなあって。私も1個の星だなって嬉しくなった。長い時間、いろんな人と走っりながらお話したり、コース間違って、山のピークまで登ってしまったり、滑って転んだり、東京のでっかい夜景に感動したり、いっぱいのお土産提げて帰りました。タイムは13時間51分49秒、女性総合34位(年代別1位)でした。ゴール後は、海宝うどんコーナーで働いてました。何より今年は、大きな事故がなくて何よりでした。おととしは、私の少し後の方が、滑落されるという事故があったので。
   ++ ドンちゃん  ..2009/10/15 22:28:00(木)
スタートの五日市中学校に集まると、校庭のトラックが一杯になるほどで、かいちゃんも、他の知人にも誰にも会えませんでした。大会の規模が分かってませんでした。。。

・出走者数合計 2070人 / 完走者合計 1727人

走っている時は、まずは脹脛の爆弾が破裂しない様 忘れないように注意しながら、歩いて登り、走って下りでした。今回は、ダメージを生じず、今日で筋肉痛もほぼ癒えて来ましたが、秘かに直前に肉離れとなって足を使わずに走る様に変えた(リスキーですが変えざるを得ませんでした)ことが完走するのに大きかったと思っています。

消防の人が各所に居られて、もうすぐ山頂ですよ〜って大きな声が聞こえて、急な登りめげずに登れました。あまりにも大きな声で、良く声が通るので、大分下の方でも聴こえてたのだと頂上で気づきました。ボランティアスタッフの方々や、神社関係の方が未明で寒いのに外で待って応援して下さるので、後半だんだん元気になったのかも知れません。

なんてどんでも無いレースなんだ!!!と参加中はづっと、ぶつぶつ文句を呟いていましたが、ゴール出来て豚汁を食べていると、来年こそは怪我無くトレーニングして。。。と考え出しているのだから、自分も不思議な人間だなぁと感じました。