しまだ大井川マラソン
2010年10月31日     
導かれしランナーたち    より by ウガッチ 

       しまだ大井川マラソン 2時間55分46秒
       秋最大目標の大会、直前は台風で中止もとの予報もあったが、当日レース中は
       雨も太陽も顔出さない、曇りで風も弱い記録を狙うには絶好の条件でした。
       練習内容からして、ほぼ不可能な目標だが、この好条件を追い風に奇跡を
       信じて2時間50分切りにチャレンジ。
       5km 19分12秒
       入りの1kmはいつも通りつっこみ3分38秒。以降は3分50秒台のペース
       でほぼ予定通りのタイムで5kmを通過。
       10km 38分26秒(5kmラップ 19分14秒)
       ほぼイーブンペースで練習では急にきつくなる3分50秒台前半で淡々と
       走れているいい感じだ。
       15km 57分50秒(5kmラップ 19分24秒)
       この5kmもいい感じで予定通り57分台で通過できた。体の動きもいいので、
       ひょっとしたらいけるかも。
       20km 1時間17分24秒(5kmラップ 19分34秒)
       微妙にペースは落ちているが、全く問題なしいい感じだ。
       25km 1時間38秒13秒(5kmラップ 20分49秒)
       20kmで折り返し、向かい風になった。いい感じで走れていたと思ったが、
       ここまでは追い風だったみたいだ。それほど強くはないが、河川敷なので、
       さえぎるものがない。中間点は1時間21分57秒で通過。ほぼ予定通りの
       貯金はできた。あとはキロ4分ペースをどこまで維持できるかだったが、
       キロ4分10秒まで落ちてしまった。2時間50分を切るにはこのペースは
       死守しなければならない。
       30km 1時間59分30秒(5kmラップ 21分17秒)
       自分では、落としてはいないつもりだが、じわじわペースダウン、サブスリー
       ペースキロ4分15秒に落ち2時間50分切りは絶望的に。
       35km 2時間21分23秒(5kmラップ 21分53秒)
       目標を自己ベスト更新に切り替えて、動き事態は悪くないのに、ストライド
       が落ちているのか、足のスタミナが切れてきたみたいだ。
       40km 2時間47分09秒(5kmラップ 25分46秒)
       久々に出ましたお得意の大逆噴射、基本的に1kmごとに距離表示があり、
       35km〜37kmを9分13秒かかってしまったので、自己ベスト更新も
       赤信号になり目標がなくなり気持ちが切れてしまった。38kmの距離表示は
       なかったのか見落としたのか、39km地点で時計を見てびっくり37km〜
       39kmまで11分30秒もかかっている。いくら気持ちが切れているとは
       いえ、ここまで落ちるとはおかしいこのままではサブスリーもあやうい。
       ゴール 2時間55分46秒(2.195km 8分37秒)
       やはり、距離表示は間違っていたみたいだ。37kmまではほぼ正確な
       表示だったと思うが、残りの5kmはめちゃくちゃくだった。40km〜
       41kmはちょうど5分ここはあっていたと思うが、そうすると残り1.195km
       を3分37秒でカバーしたことにこれが現実ならオリンピックも夢ではない。
       公認大会なのでトータル距離は正確だと思うが、38km〜39kmは300m
       ぐらい長く、逆に41km〜42kmは300mぐらい短いように思う。
       なので、実際は35km〜40kmのラップはマイナス1分30秒、残り
       2.195kmのラップはプラス1分30秒だろう。まあ、細かいことは
       さておき残り5kmはキロ5分のJogになってしまった。
       やっぱり今の状態では、2時間50分切りが不可能だったということが
       証明された。目標が高すぎただけに満足はできないが、練習の調子や吉備高原、
       駅伝の時と比べたらコンディションもピークにもっていけたので、途中までは
       夢が追えたと思う。冷静に考えれば、昨年までだと自己ベスト更新のタイム
       だし、公認では自己ベスト(全体では自己4位)のタイムなので納得できる  
       タイムだ。
       結果論として、自分には2時間50分切りのハードルは高く、故障を抱えながら
       クリアできるハードルではないことがはっきりした。
       11月28日のタートルはエントリーしているので、そこまではこのまま
       練習を続けるが、それ以降2月27日高知マラソンまで3ヶ月あるので、
       12月は休養して、故障個所をできるだけ修復して、年明けから再び
       2時間50分切りを目指したトレーニングをしたいと思う。